税理士変更

税理士変更

税理士変更


いまの税理士の顧問料って、高すぎる?と考えている方へ PHM01_0080.JPG
税理士が年間に何回来ますか?
税理士と契約したのに担当者は税理士ではない?

今の税理士のサービスに満足していますか?


 

当事務所に変更されてくるお客様で良く聞く不満は以下の通りです。

  •  料金が不明瞭で納得できない。
  •  決算直前に納税予想がなく、直前に税額を知らされる。
  •  帳簿付けと決算申告だけやっていて、提案がない。
  •  税理士の訪問がなく、職員しか来ない。
  •  毎月の顧問料の他に、年末調整や決算時に多額の費用が発生した。

 

しかし、実際には税理士を変えにくいのは、次の理由によるようです。

  •  昔からのつながりで契約を続けている。
  •  自分で選んだ税理士だけど、こんな筈じゃなかった。
  •  得意先などから紹介された税理士だから。

 

不満を抱えながらも契約を解除しにくいという理由でズルズルとお付き合いしている場合が非常に多く、もっと早く税理士変更していれば良かったと皆さん口をそろえておっしゃられます。

 


当事務所の場合

 


 

 当事務所ではこのようになります 

・ 決算料なし、毎月定額の顧問料、顧問料については双方とも納得した上で決定。

・ 決算期前の3ヶ月前から納税予想を毎月、呈示。

・ 会社・事業の利益を最優先し、節税も含めて会計・税務上の面から支援します。

・ 毎月、公認会計士・税理士が訪問して相談対応。

・ 余分にかかる費用は基本的に税務調査の立会費用のみ。

 


 

  当事務所の報酬 

 下記の金額を基準に御相談させて頂きます。

 

月算料(顧問料)                  (単位: 円) 税抜

法人 35.000〜90.000
開業医師 35.000〜80.000
個人事業 25.000〜60.000

 

 

報酬事例はこちら

 

 決算料なし。この為、年末調整や法定調書作成等の追加費用はなし。

 費用は毎月の月算料のみ。 (税務調査時は1ヶ月〜2ヶ月程度の費用がかかります)

 税務関係書類の作成・提出は全て代行。(法人の場合、登記関係は除きます)

 

お見積りは完全無料です。 まずは、お見積もりの内容と金額をじっくりご検討ください。

 


ご依頼までの主な流れ

STEP1

お問い合わせ

(お電話又はE−mail

STEP2

用意して頂きたい資料の依頼及び初回面談の日程調整

 

STEP3

ご挨拶 (貴社又は当事務所にて)

当事務所が提供するサービスを説明して、依頼資料などを確認します。

STEP4

面談実施後、その場で見積を提示させていただきます。

 

STEP5

見積り内容・金額にご納得いただけた場合、会計・税務顧問契約締結。

 


 

▲このページのトップに戻る